上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
生きていて前に進んでいると

いくつも分かれ道がでてくる。


選んだ道が悲しくて辛い道でも

この道を選んでよかったと

前向きに思えるような強い人間になりたい。



前に進むことしかできない人間だからこそ

進んだことで後悔はしたくない。





こんにちわ。

今日は関東は天気悪い。

気温も下がっていくし

こうやって夏が終わって秋に向かうのか

と思うと

少し寂しくなるな。



夏って短いよねぇ



っと今日は映画の感想でも。


Xメン ファイナルデシジョン


見てきました。



Xメンシリーズ3作目

final decision

最後の決断

という副題がついてるだけに

それぞれの人たちの決断を

中心とした内容だった。



1、2は見たんだけど

あんま覚えてなくって

でも覚えてなくても

結構楽しめた。


アメコミ映画化バージョンの中では

Xメンが一番好きかも。


『愛する人を愛するが故の決断』

『人類か自分たちと同じ仲間の側か
 
 どちらにつくかの決断』

『愛する人のために自分を犠牲にするかの決断』


など

それぞれの主人公達の決断が描かれてる。




人間は理解できないものを

恐れ排斥する傾向を持ってると思う。


この映画では超能力者というSFっぽい形で

人類と違うもの、として描かれてるけど

いまの世の中で言えば

人種の違いや宗教の違い

もしかしたら相手のことがわからず

理解できず受け入れにくく思うかもしれないけど

そうした違いを認め合って

人間という大きな枠の中で

人と人が仲良く生きていければいいのにな

と思った。

そこまで深い意味は映画に

込められてないかもしれないけど

なんとなくそんなことを

考えた映画でした。

CGもすごいし

なかなかお勧めです。


ただリアリティとかドキュメントが

好きな方はバカバカしく見えるかも?

アメコミですから。

ありえないーってことだらけですよ。

でも面白かった。


10分無料で話せる新規登録はこちら
スポンサーサイト

[ 2006.09.12 | 戯言 | | PageTop↑ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。