上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
ちょっと時間ができたので

映画を見た。


人のセックスを笑うな


セックスが入ってると

(お、エロビか?)

とか思ったりしたあなた。


残念ですが違います。


エロビならこんな爽やかなタイトルつけないしね。


『なんとか妻』

とか

『ヌレヌレ女教師』

とかだよね。


まぁ 思いっきり大好きな方向に脱線しそうになっちゃったけど

本題に戻すと。


松山ケンイチと永作博美などが出演してる映画。


いあ

あれだね。


ハリウッド作品にはありえない

まったり感が

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと

結局

終わりまで続く。


学生のまったりした空気の中でまったりと生きてる男子と

魅力的な先生だけど

実は人妻で自由気ままな女性。

そんな彼に心引かれる女生徒、とその友人。


そんな人たちが

ゆるーくゆるーく

出会い 傷つき 想い 想われ

想うままセックスしたり 想いながらもセックスしなかったり。



印象的なセリフがいくつかあったけど

人妻ながら男子生徒とそういう仲になった先生に

女生徒が

『付き合っちゃだめですよ』

と言うと

先生はあっけらかんと

『だって触りたかったんだもん』

と言う。

そして

『あなたも触りたくないの?』

と聞く。


なんか物事って単純に動くときもあるんだな

と思わせるようなセリフだった。

そこに幸せがないわけじゃないし

何かを思いつめたり

何かを背負い込みすぎたり

するわけでもなく。


人と人がふらっと惹かれあう。

そして

ふらっと大事に思う。




大事に思うってなんだろうとかもちょっと考えたけど

なんだろうね。


見た感想は人それぞれ出る映画だと思った。



ただ本当に終始ぬるくてまったりなので

見た後に

え?それで?

ってなる人も多いと思う。


だからお勧めって訳じゃないけど時間があって

だらーっとしたい

と思ってる人にはお勧めかもです。



しかし松山ケンイチくん。永作を目の前にしてキスしながらよく演技できるなと

感心した。

ありゃ 無理。

俺には冷静になるのは無理(笑



スポンサーサイト

[ 2008.08.04 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。