上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
こんばんわ。

6月最後の日に更新したのに

また更新してみようの巻。


今日から7月ですね。

なんと

今日で

チャットボーイ歴

1年と10ヶ月。

2年まであと二ヶ月となりました。

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

と両手を上げて喜んでいいのかどうか

わかりませんが

何事も続いているということは

めでたいことだと思いますので

勝手に喜んでみる。


んで

ちょっとチャットボーイを振り返ってみる。

長くなるかもだし

書く内容をいまちらちら考えてるけど

不快に思う方がいるかもしれませんが

とりあえず思ったことを書いてみる。


1年と10ヶ月続けていると

マンスリーやデイリーの常連さんは

3回くらい入れ替わってる気がする。


当初の売れっ子常連さん方はもー見かけないし。

いまの売れっ子さんもいつかはいなくなる日がくるのかもしれない。


んでも特に横のつながりがないワタクシ。

きてくれるお客さんから聞くことしかできないので

なんでいなくなったのかとか

新しい方たちがどんな方なのかってのは

詳しいことはわかりません。



もしわかってるとしても守秘義務がチャボにはあると思っているので

話すことはないと思います。


でもそれぞれが自分のチャットボーイスタイルを

見つけてお客様と接して

何かを与えたり。与えられたり。

時間を共有してると思います。

色恋にしろ

友達風にしろ

オレオレ営業にしろ

色んな形があると思います。


自分も自分なりの形がやっとできてきたなー

と最近になって思えてきました。

チャボ歴だけは長いですが

いまだに隙間産業男なので

細々とさせてもらってますが

でも丸ワールドと呼んでくれる方がいるくらい

三十路の適当ワールドという形が出来上がってきてるみたいです。



んでこの話題は

みんな知ってるし

わかってるけどあまり触れない

見ないようにしてる話題かもしれません。

それは

お金。


チャットボーイをしている以上はお金という問題からは

逃れられないと思うので

いまからちょっと考えてることを書いてみます。



チャットボーイをはじめたキッカケの多くは

在宅で少しでも多く稼げるバイトをしたい。

と思ってはじめた方が大多数だと思います。


そういう私もその一人です。

自分がお金が必要な理由は個人的に親族に借金をしたので

それの返済の足しに会社にいて自由な時間を使えて

多少なりともお金がもらえる仕事

としてチャットボーイを選びました。


はじめた人の多くもなんらかの理由からお金が必要なんだと思います。


ですから当然

きてくれる方はすべてお客様という形になります。


チャボとお客。

とこう書くと、両者の間にもの凄い距離感があるように感じますが

基本はやはりこの関係だと思います。


チャットボーイというものに 自分の中の足りない何かを求めて

お客様はお金を払って会いにくる。

チャットボーイは相手の求めているものをなるべく満たせるように

頑張り、そして収入を得る。

字であっさりと表現するならこんな感じだと個人的には思っています。


でもこれだけ読むと

もの凄い割り切られてて、寂しい気もしますよね。

私は書きながら思いました。


でも自分の体験を通して感じたことは

続けているとお金だけではなくなってくる

ということです。


『はいはい。キレイごとでステキな営業文句ですね。』


と、この時点で思われたら終わりなので

そう感じた方はこれ以上は読まなくてもいいと思います。


ただ自分で感じた事実なので。


チャットボーイを始めた当初は

正直、格好つけてました。

ブログの始めの頃を見ていただくと分かりますが

格好つけてます。

それで来てくれたお客様を、なんとか頑張って満足してもらおうと

お金を払ってきてくれてるんだから

なんとかしないと

と思って待機してチャットして

そして空回りしてました。


しばらく続けていくと

相手も人間で自分も人間で

話しているうちに、チャボとお客様という関係から

ただの人間対人間、友達対友達の関係に近づいていくんだな。

と思うようになりました。


それからは

お金を払ってきてくれてるという意識はいまでもあるので

最低限のマナーは守っているつもりですが

始めた頃よりはらくーな感じでやらせてもらってると思います。


対人間。対友と考えるようになってからは

俺の部屋に来てくれてる方が

悩んでいれば俺も悩みますし。

悲しんでれば俺も悲しいし。

楽しければ俺も楽しいです。


それとお金を挟んだ関係になると

話す方も

割り切れて話せるという方もいました。

自分にとって必要な時間を買ってるという満足感があるから

その時間は自分のことを好きなだけ話せるし。と。



そういう意識になれたから。またそういう風に言ってくれる方がいるから

ここまで続けられたと正直思います。


きれいごとを書いてますが

お金が必要なことは必要です。

それはたしかに変えられない事実。


でもチャットってそれだけでは続けられない



自分は思います。




結論としては。

チャボも人間。お客様も人間。

ってことじゃないでしょうか。


色々あるし

色々おこるし

だからチャットも面白いんだと思います。


なんだか駄文で長文な感じですが

最後まで読んでくれてありがとう。


そんなみんなの一つまみの優しさで支えられてます。

ありがと。
スポンサーサイト

[ 2008.07.01 | 戯言 | コメント: 6 | PageTop↑ ]

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。