上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
最近深夜に待機してるわけですが

見つけてふらっと来てくれた方に


『輝いてるよ!!』


と言われて

ほくほくしたりしてます。


実際は夜中にこっそりINして

ビクビクした小動物と化してるんですが

そう言われると

ふつーに頑張ろう。

と思えますね。


ありがとう。


ということで

深夜にちょっと重めかつ長めという

エントリを立て続けに投げっぱなしな訳ですが。


今日もいこうと思います。


前回。

人は皆ワガママントヒヒ。

つまり

ワガママな生き物だと書きましたが

ワガママにできるのは

ワガママが出来る空間を作り出せる

もしくは

作ってもらってる人だけが

できる特権なんだな。

とコメントくれた方のコメントを見て思いました。




ワガママということは

ある程度

自分の素直な部分。本能に近い人間的な部分。

そんな部分を出せる人間が使えるもんなんだな

と。


小さい頃から素直な部分を出せない。

もしくは何か過大な期待を受けているために仮面をつけて

素直な自分は出せない。

または すでに自分が出せそうな場所に

ワガママな部分を出せる人がいたために出すことができない。


そういう人もいるんじゃないかと。


そういう人にとっては

ワガママ、つまり素直に自分を出せる場所が

手の届かない眩しいものだったりするのかもしれない。



うん。

でも こういうことがもし俺の言うとおりだったり

当たったことをいってるとしても

だから

ワガママな部分をこう出せばいいんだよ。

とか

そこはもっとうまくやらないと。

なんて解決策やうまいことは言えません。



だって、俺も人間で欠陥とか トラウマ とか

やらしい部分とかある

そんな人間だから。


それに人が人のことを

偉そうにあーだこーだ指図したりするのも好きじゃないし。




でも思うのは

みんなどっか欠けてて

失ったり、手が届かないと思えるものがあって

それが眩しく見えながらも

どうしようもできない

そんな部分を抱えてるんじゃないのかな。

って。



それに、そういう自分にない”眩しいもの”は

自分の代わりに誰かに手を伸ばして取ってもらっても

結局満足できないから

自分でどうにかこうにか手に入れるしかないんだよね。




自分はいまだに手にいれられてないな。


でも最近思うのは

今じゃなくてもこれから手に入るかもしれないし

もしかしたら

気づいたら手にしてるかも

って漠然と思う。



漠然となことを

漠然と思いながら書いてるから

当然

この日記も漠然な感じで

読んでもモヤモヤとすっきりしないかもしれないけど。

すみませんね。




今日の結論。

世の中は黒か白かの部分より

グレーの部分がはるかに多くて

グレーの中でみんなが模索して生きてるんだな。

スポンサーサイト

[ 2008.04.29 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。